50歳を過ぎたら - Genの思いつ記(Gen建築設計所)

ほとんどの企業では50歳を過ぎたら定年まで10年。たった10年しかないのである。でも企業に勤めていなければ何歳になっても働ける。50歳を過ぎた時には意識しなかったが、この間、ある人からそういう話を聞いて「そうなんだ、50歳を過ぎたらたった10年しか働けないんだ。」と思った。 10年なんてすぐに経つ。一つのことをマスターしようとすれば時間が足りないくらいだ。ということは何かをしようと思ったら、準備期間として10年くらいは欲しいところである。「思いたったら、やってみる!」この気持ちが何歳になっても大切だと思う。 企業が倒産して仕方なく新しい仕事をした友人などの話を聞くと一からの仕事になるので若い人たちの指示を聞いたり、嫌なことも多いと言う。辛抱のしどころのようである。 定年を迎えた人たちの話では50代は若いと言われる。でも60代から始めるのも大変そうだし、そもそも自分の寿命は何歳かわからない。これはやりたいと思ったことをできるだけ早い段階でやってみて試すことは大切なことのように思う、 幸か不幸か、たまたま自営で20年以上やってきた身としては\xBB

驒屬世韻麓\xAB由になる。これを生かさない手はない。面白く働ける次の時代へ向けて、やりたいと思ったことをやってみたほうがいいように思う。 建築の設計の仕事はそれはそれで楽しい。でも、役割分担というか、仕事の住み分けはある。大好きな設計の仕事でやりたくない仕事をする気はない。そういうところは我儘なのである。設計の仕事と言っても種類は沢山あるのだ。 やり切れる人は幸せだと思うし、現実に高齢になってもやっている人はたくさんいる。スケッチだけで仕事になる?人もいる。でも自分はどうだろうと考えると他のこともしてみたいことはたくさんあると思うのである。そう思うと人生は短いのだ。1つの仕事だけで終わる人生もいいのだが、第2の人生を考えるのも面白いかも知れない。 最近はWワークを推奨する企業も増えてきた。やりたいことは年齢に関係なく、やってみる、そういう気持ちが大切なのだろうと思うのである。チャレンジ精神を持ち続けることは大切だと思う、今日この頃なのである。気持ちだけはいつまでも若いのだ。 という感じで何歳になっても、あれもこれもやってみたいことはたくさんある。いつまでたっても悩める年頃\xA4

覆里任△襦▷幣弌法\xA1