Tシャツとパーカー

さ!これでオーストラリアネタも終わりかなぁ

のこです

息子たちへのお土産は衣類。

夫に関しては

オージー体型なので海外に出た時に少しづつ買って帰ります

ホンマはたくさん買って帰りたいけど予算がない

日本でのサイズはXXLでは合いません。

だから困るのです

アメリカサイズこXXLならオッケー

だから

岩国の海兵隊基地でフレンドシップデーがあるときも

Tシャツ買って帰ります

アメリカサイズなので。

長男は衣類に全く興味ない

その上、趣味がおかしい?というか全く気にしないのですごいコーディネートになるんです

だから

おしゃれな人だと安いコーディネートでもおしゃれに見せるこのが可能ですが長男は安物を着せると一発で

どーした!何があった!

的な雰囲気になります

次男はオシャレなので夫にコーディネートをいつも聞いて色の組み合わせなどを確認してます

あ、夫は若い頃ジーパン屋?をやっていたのでカジュアルなコーディネートとかにうるさいんです

私はご存知ジャージで365日過ごしたい女ですので

それを踏まえて

私が買って来た服を、あーだこーだとこき下ろすのが夫です

長男に買って来たこれ。私はすごいお気に入りなんですよ、色味も。

夫また!こんな色買って来て!合わせにくいやろが!今あるパンツで会う色あるか?あーだこーだ!

ジーパンと合わせりゃええやんか、うるさいね!

これ、喧嘩ではありません、普段の会話です

ちなみに長男は

あ、ありがと。という無関心さ。

次男に。

6月に夫に買って帰ったTシャツと似たようなバージョン

次男おれ、こんなん欲しかったんよ!ネイビー持ってないし、父ちゃん!どのパンツなら合う?この時の靴下は何色やったらいける?靴は?

と聞いている。

気に入っていただけて良かったです

夫に。

お前!このサイズ何ぞー?XL?

小さいんやないんか?

いっつもいよろがいつも、言ってるだろ?という方言

サイズはわしのTシャツ持って行けって!

誰が海外に行く時、しかも買い物に人のTシャツ持ってあるかないかんのよ店の中で出せるか!

と言いながら着てみる夫。

ほれ、ちょっと腕が短い!

私は毎回サイズに翻弄されます

私だってXXLは異常にでかかったもん!ていうか、腕はともかくちょうどええやん!

夫これ、直に来てちょうどやろが?下に何か来たらキツイ。重ね着できんやんか

あーそうですか。

6月は2枚Tシャツを買って帰ったら同じサイズなのに1つはダブっと切るタイプなのか大きく身丈が長かった

もう一枚はちょうど良かったらしい

昨年はXLを買って帰り小さすぎる、と怒られる。長男にそのうち着せられるけんええやんけ!と開き直る私。

その前?は

XXLのTシャツ買ったら

大きすぎる。って。

一体どうすりゃええんや!

それにしても

オーストラリアは物価がお高め。

Tシャツをオーストラリアで買うのはあまり得策ではないが仕方ない

パーフェクトポーションのルームスプレーは16ドルだったけど日本のショップだと2000円越えていたからやはりこれはオーストラリアの方が安いね。今1ドル90円くらい?

ああ、もっと買って帰れば良かったお金ないけど

さ!これでオーストラリアネタも終わり。

この後はケアマネ試験奮闘記に変わります

もう無理ーとか

しんどいとか

眠たいとか

家事の時間が勿体無い

とか

1人になりたい

とか

勉強部屋が欲しいとか

時間が欲しい

とか

休みが欲しい、とか

そんな話題になると思います。

本気で取り組みます

だって後2月ないんだよ

しばらく私のメンタルケアにお付き合いくださいね。