読書と国語の成績

わが家の息子くん、中学受験の時は国語が苦手でした。

小学校のテストでは、悪くても80点台で、だいたい100点を取っていたので、それほど苦手だとは思っていませんでした。

それが、中学受験を決めて入塾テストを受けた時、100点満点中70点台でびっくりしました。

それからというもの、塾のテストではできたりできなかったりを繰り返しましたが、できない方が多かったのです。

それで、なんとか国語の成績を安定させたいと思ったのですが

国語って、教えるのが難しい

私は国語が得意だったのですが、感覚だけで大学受験まで押しきれてしまったため、なぜわからないのかがわからない。論理的に説明ができないのです。

それで、本を読んで解説を試みようとしたのですが、

中学入試国語の読解は答え探しの技で勝つ!国語を味方の教科にして受験を制覇しよう!早瀬律子

価格1512円税込、送料無料)(2018/10/12時点)

読んでいると眠くなってしまって結局、読み終われませんでした

そして、息子に教えることもできず。

ちなみに、私は小さい頃から読書が好きで、本も漫画もよく読みました。

テレビを見るより好きでした。

私にとっては、娯楽だったのです。

いまは滅多に読みませんが

それで、息子には小さい時に本の読み聞かせはしましたが、読書を強く奨めようとはしませんでした。

趣味を押し付けるのは、どうかと思ったのです。

でも、国語に難ありと知ったとき、後悔しました。ちゃんと読書習慣をつけさせるべきだったなあ、と。

読書をすれば、感性が磨かれるだけではなく、語彙力がついただろうと思ったし、まず文章を読むのは速くなっただろうと考えたのです。

私の友達には、本も漫画もたくさん読む子が多く、たいていみんな国語が得意だったのです。

ところが、先日久しぶりに会った友人は、

私は読書好きで、いまでもよく読むけれど、国語の成績は良くなかったよ。

思わずカルチャーショックでした。

読書すれば、国語の成績は良くなると信じていたのに!!

そんなわけで、自信を持って

読書をすれば国語の成績が上がるよ!

とは言えなくなってしまいました。

でもね、思うんですけど、中学受験の国語が難しすぎるんじゃないか!?って。

学年相応の問題なら、できるんですから。

いまの学校の国語は、息子のレベルと合っているのか、わりとできています。

なので、本人の精神的な成長で、今後もっとできるようになることを期待したいと思います。

がっ!!

古文や漢文は大丈夫なのかしら!?

受験生の時はこんなのを読ませました。

中学受験まんがで学ぶ!国語がニガテな子のための読解力が身につく7つのコツ説明文編長尾誠夫

価格1512円税込、送料無料)(2018/10/12時点)

パラパラめくって語彙を増やす!小学生必須難語2000マンガでクイズ最高レベルまで対応アーバン

価格1404円税込、送料無料)(2018/10/12時点)

中学生向けの良い本がありましたら、お教え願います。

にほんブログ村

にほんブログ村