期間限定で、イオンモールむさし村山店の「セガVRエリア」に導入! - 世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月15日に、仮想現実(VR)作品を手掛ける台湾の南瓜虚擬科技(PUMPKIN STUDIO/パンプキンスタジオ)のVRアトラクション「タブー(taboo)」が2018年10月03日に、東京都武蔵村山市イオンモールむさし村山店内の施設「セガVRエリア」に期間限定で導入されたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/66200

2019年01月中旬頃までの稼働を予定。イオンモールでのVRアトラクションの導入は初めてとなる。

VRアトラクション「タブー」は、セガアミューズメント施設「セガ秋葉原3号館」にも2018年09月22日から導入された。

4人までの同時プレイを可能とする体験型のホラーアトラクションで、日本語、英語、中国語、韓国語に対応する。

「日本ではホラーは季節を問わず人気があり、視聴型のホラーはゲームが苦手な女性客にも喜ばれているためヒットすると考えた。」と語った。日本人、外国人のいずれからも評判が高く、男性グループによる利用も予想以上に多かったという。

セガエンタテインメントは10種類のVRアトラクションを全国6店舗のセガVRエリアに展開。

VRアトラクション以外には、新宿区の「セガ新宿歌舞伎町」のセガVRエリアで稼働中の「ジョン・ウィック(John Wick)」でもスターVRHMDを使用しているという。

???????